ピンクコンパニオンとデート気分

前まではピンクコンパニオンを利用するときは大人数の人に対して、ピンクコンパニオンを数人呼ぶというスタンスでしたし、それ以外の使い方をするところはありませんでしたし、店側も1人だけというのを断っていました。



しかし、最近では1人で楽しむ男性も増えてきておりそのニーズに答えるべく変わってきています。



<男性に1人に対して店側も対応するようになった>

男性が1人しかいない場合でもピンクコンパニオンを1人呼べるようになりました。いわば、ちょっとしたデート気分や恋人気分を味わえるということです。ただ場所が決められていることが多いので「ここまで来てください!」という要望は正直難しいかと思います。



<首都圏などに多いです>

首都圏や大阪にこのようなサービスが多くあります。デリヘルといった性風俗もデートコースというのがありますので、それに対抗しているのかもしれません。



コンパニオン業界も少しずつ変わってきているということだと思います。

http://www.pink-companionenkai.com/qa/